工事

産廃処理とは

定義と現状

作業員

産業廃棄物処理の一番の問題点は、やはり不法投棄問題だろう。その背景には、様々な社会的事由もあるようだ。ここでいくつかの例を挙げてみよう。産業廃棄物処理能力を超える排出量がある場合、物理的に処理が出来なくなる為、不法投棄を行ってしまう場合がある。日本全国で、このような産業廃棄物の不法投棄の事例が後を絶たず、地域によっては、深刻な環境問題を引き起こしている場合も少なくない。そのため、工事などで出た産業廃棄物は正しい手順を踏んで処理し、人体に悪影響を与えないよう細心の注意を払わなければならないのだ。例えば、工事の際に発生する産業廃棄物としては、住宅などの木くずやコンクリート片、割れたガラスなどが挙げられる。

実例と課題

これらの産業廃棄物処理を行う際には、特殊な機械を使用することが一般的となっているようだ。例えば、コンクリート片やガラス片には特殊な破砕機を使用し、細かくすることが出来る。これによって運搬を楽にすることが可能で、ひとまとまりで運ぶことが可能になる。また、これらの産業廃棄物処理を行う際には通常の土砂と分けて処分しなければいけないが、産業廃棄物の入り混じった土砂を分別するのが難しいこともあるだろう。そんな時には、専用のふるい機を活用し土砂をふるいにかけてみると良い。微細な振動によって細かい砂と大きな石、コンクリートなどを分けることが出来るため、分別作業はかなり時短することが可能なのだ。この様に、廃棄物を処理する際には機械を活用して時間を短縮すると良い。

廃棄物の選別が重要

作業員

廃棄物はリサイクル施設などの振動篩機を使用して、廃棄物の選別をする事が肝心です。振動篩機を利用する事で廃棄物を選別する事ができるため、災害などが起きて廃棄物が大量に発生する場合も、役立てる事ができ便利です。

詳細を確認する...

クリーンにするために必要

作業員

残土ふるい機は家庭用、業務用とあり用途によっては大活躍する機械です。借りる事も可能となっている事から燃費も良く、本格的に使えば専門分野の最高の道具として利用出来ます。趣味にも使う事が出来て、使用する場面によって使い分けられるのもメリットです。

詳細を確認する...

処理には十分に気を付ける

自然

産業廃棄物処理は専門職でないと分別が難しいものですが、コストの削減などに繋がるのは企業にとって最大の利点となります。専門で扱っている会社に任せる事も可能であり、考えている時間も無駄になる程の能力だと言う事は知っておきたいメリットです。

詳細を確認する...